au活用術

auのiPhone8もピタットプラン対応に au新サービス発表会のまとめ

9月15日のau新サービス発表会において、iPhone8に関する情報がいくつか発表されましたね。

今回はその内容を簡単にまとめてみました。

 

発表会で公開された内容

  1. iPhoneのピタットプラン、フラットプランの対応
  2. アップグレードプログラムEXもiPhoneに対応
  3. AppleCare+が4年までの保証に

他にも、通信速度が早くなる『4CCCA』や、アップルウォッチの『ナンバーシェア』の発表もあったみたいですが、とりあえずはiPhone8に直接関わりそうな事だけを書いてみます。

 

ピタットプランとフラットプランがiPhoneにも対応

7月14日の発表以降に端末を購入した人は、Androidしか新料金プランに入れず、iPhone購入の人は従来の旧料金プランのみしか選択できませんでした。

それを今回のiPhone8の発売に合わせて、9月22日以降であればiPhone購入の人でもピタットプランやフラットプランの新料金も選択できるようになるとの事です。

今までiPhoneであれば、最低料金がスーパーカケホーダイの3GBが実質一番安いプランだったので、あまりギガを使わない方であれば、かなり料金がやすく押さえられるようになるのではないでしょうか?

※1GBのプランもありましたが、毎月割がつかなかったり、キャンペーンプランだったみたいなので、通常だと最安は3GBになると書いてます。

更に、1年間だけ毎月1,000円割引される、ビッグニュースキャンペーンも対象との事。

 

しかし、以前の記事にも書きましたが、新プランには毎月割がつかないなどのデメリットもあります。

主なデメリットはこちらの記事を参照してみてください。

auピタットプランとフラットプランのデメリットについて

 

iPhone7などは、機種代金が90,000円近くと高額でしたが、毎月割が2000円くらいついており、24回払いの割賦で契約すれば、毎月の実質負担金は1,000円位からと抑えられていました。

しかし、新プランでその毎月割がつかなくなると言うことは、90,000円近くの端末代金を24回分割で買ったとしても、毎月4,000円位の機種代金を払わなければならなくなります。

そうなると、いかに新料金プランで基本料金がやすくなるとはいえ、毎月の支払い額はあまり変わらなくなってしまいますよね。

ここで、重要になるのが、同じく今日iPhoneにも対応すると発表された、アップグレードプログラムEXです。

 

アップグレードプログラムEXの概要

こちらのサービスは、Androidの新料金プランでもあった物ですね。

簡単に要点だけを書いていきます。

  1. 月々390円の掛け金
  2. 48回分割の時しか付けれない
  3. 24ヶ月経過後に機種変更した際、残りの分割金が免除になる
  4. 機種変更時に変更前の端末は回収される

サクッと書くと、大体こんな感じになるはずです。

おおまかな具体例

例えば、【90,000円】の機種を購入したと仮定してください。

これを【48回分割】で購入すると、毎月かかる端末代金は【1,875円】になります。

その後、約2年たった時に再度【90,000円】の端末に機種変更したとします。

ここから分岐!

 

① アップグレードの加入がない場合

当然ですが、【新しい機種の分割金+24回残っている過去の分割金】が必要になります。

なので、最初に買った機種代金が残っている2年間は、【1,875円+1,875円=3,750円】がかかるって事になるわけですね。

 

② アップグレードの加入がある場合

こちらであれば、端末は回収されますが、残りの分割金は免除になるので、【新しい機種の分割金のみ】で機種変更が可能になるって事ですね。

最初のパターンで書いた残りの分割金の【1,875円×24=45,000円】を支払う事なく機種変更できるという事ですね!

 

4年間同じ機種を使い続けてもトータル90,000円。

2年毎に機種変更していっても、トータル90,000円。

同じ金額払うのならば、機種を新しくして使った方が得な感じがしますよね。

ただ、厳密にいうと、アップグレードの掛け金を毎月390円支払っている訳ですから、24ヶ月で計算すると約10,000円はアップグレードがない場合に比べて多く払う事になります。

それでも、ほぼ2年毎に買い換える方達であれば、10,000円の掛け金で買い換えができるというのはお得ですよね。

 

しかし、気を付けなければいけない点も結構あり、故障している場合は別途手数料がかかる事や、MNPで乗り換えてしまうと全く役に立たない事

そして、端末を無くしてしまった場合も回収できないので適用不可になる事などのがありますので注意が必要です。

その他にも、24ヶ月立つ前にも利用できる前倒しや、1年毎にアップグレードが利用できるEX(a)などがあったり、細かい注意点がありますが、それはまた別の機会にでも書ければと思います。

アップグレードの種類別の説明はこちらで触れてます

次はのAppleケア関連の発表ですが、上記の紛失時に助かるサービスとなっているみたいです。

 

新しいAppleケア+&au端末サポート

従来の修理に関してのサポートは2年間で満了になり、延長する事はできずに自動で廃止になる物でした。

それが、一気に倍の4年間までの保証に変更されるとの事です。

まあ、その分Appleケアの料金も4年間払い続ける必要があるわけですが…。

安心をお金で買えるとうのは、日々を健やかに過ごすには大切ですよね!

毎月の金額は、【790円】になるとの事ですよ。

従来のAppleケアが、紛失の補償も入れると【752円】だったので、そこまでの値上げではなさそうなのも良いですね。

au端末サポートで紛失時の保証が超強化

僕としてこちらの方が重要だと思っているのですが、iPhoneを無くした際の保証がパワーアップしています!

従来の紛失補償オプション

今までの紛失時の補償ですが、Android等の交換してくkれるサービスではなく、通常の機種変更をして、その後に23,000円位が戻ってくる、という内容の補償でした。

なので、当たり前の如く、新しい機種代金はかかりますし、無くした機種の分割金が残っているとそれもかかってくるので、そんなにメリットがあるサービスではなかったと思います。(機種変更できる機種もiPhoneに限られますからね)

今回のau端末サポートで改善された内容

簡単に言うと、同じ端末を交換してくれるサービスになるみたいです。

Androidの故障紛失サポートや、ドコモのケータイ補償サービスとほぼ同じ内容になるって事ですね。

このサービスなら、従来のように新しい端末代金がかかる事もなく交換ができるようになるので、心強い補償になりますね!

勿論交換手数料はかかり、その費用は【約12,000円】のようです

これは決してやすい金額とは言えませんが、買うつもりもなかったのに新しい機種を買わざるをえないって事はなくなるので、本当に良いサービスに変更してくれたなと思います。

 

まとめ

auの新サービス、いかがだったでしょうか?

 

新料金プランに関しては、どういった利用をするかだったり、機種をどれくらいで変更していくのか、auをずっと継続していくかによってお得度が大きく変わりそうなので、吟味する事が必要だと思います。

僕個人的には、au端末サポートの紛失時の変更はかなり神だと感じました!

iPhoneは白ロムでも高いですからね(^^;

 

書いてある内容は、157で確認しているのですが、まだ発表されたばかりのサービスなので、間違いや変更があるかもしれませんので、実際に申し込み等をする際は改めて確認してみてください。

9月15日からiPhone8の予約が始まり、その後iPhoneXも控えてますので、スムーズに機種の変更やプランの選択ができますよう、記載した内容が少しでもお役に立てればと思います。