auで損しない為の豆知識

auの解約金を安くする裏技!?3Gガラケー利用中の方は必見!

3Gガラケーの解約金について

携帯の各キャリアが2年縛りの解約金を一斉に見直しをして数カ月たちました。

auでもスマホやタブレットの解約金を従来の9,500円から1,000円に値下げしたので、以前と比べて気軽に乗り換えができるようになりましたよね。

しかし!

昔の3G携帯、いわゆるガラケーや一部スマホについては解約金そのままになってます。

約1万円の解約金はちょっと痛いですよね。

その負担を少しだけ減らせられるかもしれない方法を紹介します。

4Gスマホに機種変更してしまう

最初に応えを書きますが、4Gスマホに機種変更するという方法になります。

そんな事したら逆に高くなるだろう!

ごもっともなご意見です。

なんでこれで負担が減るのか以下をご覧ください。

  1. 解約金が下がる
  2. 端末が一括0円で買える(お店による)
  3. そして機種変更の事務手数料も無料
  4. だから基本料金を考えてもお得に

ざっとこんな感じです。

一つずつ書いてみます。

解約金が1,000円になるから

これは簡単ですよね。

機種変更してしまえば、新プランでの解約金システムに移行するので解約金が1,000円に。

ここで一気に8,500円も安くなります。

AQUOSsense2やLGitであれば端末無料に!

機種変更をした際に気になるのが端末の購入代金ですよね。

ここで数万円もかかってしまっては、いかに解約金が安くなっても全く意味がありません。

しかし!

現在auが行っている割引、『初スマホ割』を使って機種変更する事でめっちゃ安く機種変更をする事ができるんです!

具体的には、AQUOSsense2とLGitという機種は、auオンラインショップで見ると端末価格が22,000円になってます。

そして初スマホ割ですが、auのホームページで確認すると両機種ともに22,000円の値引き額。

つまり、一括0円になるって事ですね。

頭金に要注意

一つ気を付けて頂きたいのは、店舗で購入する際に頭金がかかる所だと0円にならない事です。

頭金というのは、端折って言うと店頭手数料的な物。

これがあると端末価格が上がってしまうので購入前に確認してください。



3Gから4Gへの変更は事務手数料が無料

通常の機種変更だと、事務手数料が2,000円か3,000円かかります。

この手数料がかかっちゃうと高くなっちゃうので意味がないんですが、3Gが後2年くらいで終了する関係で事務手数料が無料中です。

なので機種変更手数料も気にせずできてしまうんですね。

基本料金は少し上がりますが、それでも安い

基本的に3Gケータイの料金プランより、4Gスマホの料金プランの方が高いです。

ここのコストはどうしてもかかってしまいますが、新ピタットプランであれば3,000円なので、1万円の解約金を支払うより安くなるって寸法です。

3Gからの機種変更は今めっちゃお得!

実際に変更してみて使い道があればそのままスマホを利用するもよし、やっぱり必要ないのであればオー〇ションに出すなどしてコストの補填に当てるもよし。

何はともあれ3Gの解約を考えている人であれば、この方法を試す価値は十分あると思いますので解約する前に考えてみてくださいね!