auで損しない為の豆知識

未成年者の名義で契約する際、親権者情報を誰にするかは結構重要なんです

親権者同意

現在auでは、アップグレードプログラムを利用する事がメインの端末購入方法となっています。

前回の記事で、名義変更=アップグレードプログラムが利用できなくなるので、未成年者の契約であっても本人名義にするのが望ましいとお伝えいたしました。

aunamechange
auで名義変更をする際に気を付けるべき5つの罠料金プランの変更や機種変更等をしようとショップに行った際、 と言われた事はないでしょうか? 各携帯電話会社によって基...

未成年者が契約をする際、必ず親権者同意書が必要になり、そこに記入した保護者の方の名前が親権者情報として登録されます。

そこで今回の記事では、親権者情報は誰にするのがベストなのか?について書いてみたいと思います。

親権者情報はお父さん?お母さん?

auの親権者同意書は、お父さんお母さんの二人の名前は必要ではなく、どちらか片方のは前の登録で親権者情報は問題ありません。

しかし、言い換えると、どちらか片方の名前しか登録できないのです。

別に契約する際に必要なだけなんだから、どっちでも良いじゃないか!って思われるかもしれませんが、実は親権者情報には大切な意味があるのです。

親権者情報がもたらす重要な意味

何が重要なのか。こちらです。

auショップでの手続きにおいて、親権者情報に登録されている親御さんのみの来店で手続きができる事

これが結構重要な点になるのです。

親権者だけの来店でも一部の受付が可能に

未成年者の契約

通常だと、契約者本人が来店しないとプラン変更などはできなくなっております。

もし違う人が手続きをしようとすると、事前に委任状などを用意する必要があり結構面倒だったりします。

それが未成年が名義の場合においてのみ、親権者のみの来店でも一部の受付が可能になるみたいなんです。
(手続き内容によって必要な書類は変わるみたいなので、事前に電話などで確認するのがお勧め)

未成年ということは、日中は学校だったり、休日でも友人と遊ぶ為に家族で行動するのを嫌がったり難しい場合が多々ありますよね?

もしくは子供の利用状況によってプランなどを親御さんの判断で早く変更したい時なんかもありますよね?

そういった際に親権者情報を参照して手続きして貰えるのって、すごく助かるんです!

電話番号の変更手続き時は親権者の来店必須

ちなみにお子様の名義にしている場合、その電話番号の変更を何らかの理由でしたくなった際は、必ず親権者の同伴来店が必要になります。

一緒に来店する親権者については、親権者登録がどちらになっているかは関係ないでの安心してくださいね。

au-phonenumber-change
auで電話番号変更した場合のデメリットや必要な物迷惑電話が頻繁にかかってくる、嫌な人に電話番号を知られてしまった、好きな数字ではない等の理由で電話番号の変更を考えていらっしゃる方も多い...

日中動きやすい人を親権者情報に登録するのが吉

親権者情報、なんとな~くどちらかの親御さんが書いてたりしますよね?

実は少しだけ深い意味があったんですね。

お父さんお母さんのどちらかが働いている場合もあると思いますし、共働きの場合などもあると思います。

なので、なるべく動きやすい人を親権者情報に登録する事をお勧めいたします。

これからお子様に初めての携帯電話を買ってあげるご家族や、名義変更などを考えている人は是非とも参考にしてみてください。

もし親権者情報に設定したい人が来店できなければ、事前に親権者同意書を貰い、記入して持参なども有効な手ですよ!

ではでは。