au料金プラン

auの家族割プラスの条件に注意!古いピタットプランはカウント対象外になる!

aufamilyplan-oldpitato-note

6月から受付の始まっている、auの新料金プラン達。

4ギガくらい利用する方や、今までの20ギガプランだと使い切れないので勿体ない!と言う人たちに比較的好評のようです。

さて、そんな新料金プランですが、最大限に安く利用する為に必須なサービスが家族割プラスとなります。

この家族割プラスを3人以上で組む事によって、1回線当たりで最大1,000円の割引を得る事ができるようになり、最安の状態で使えるようになります。

しかし従来の家族割とは加入条件が異なっていたりプランによって家族割プラスの割引が受けられなかったりと注意が必要なので触れてみたいと思います。

家族割プラスは同一住所が条件になる

これは必須の条件になるみたいなのですが、一緒に住んでいる人ととしか家族割プラスは組めないようです。

従来の家族割引では、住所が違っていても家族関係の証明できる書類を用意すれば組む事が出来ていたので、同一住所という条件はありませんでした。

しかし家族割プラスに関しては同一住所という条件が出来ており、家族だからと言って無条件に組めるわけではないようですのでご注意ください。

スマートバリューグループの場合は例外有り

同一住所が必須条件と書きましたが、一つ例外があります。

家族割プラスのグループとスマートバリューのグループは一緒の扱いとなるようです。

簡単に言うと、現在スマートバリューを組んでいる人やこれから組む人は、自動的に家族割も適用してくれるとの事。(下記に注意事項を別途書いてます)

で、住所の件なのですが、スマートバリューグループを組む際、住所が違っていても同一グループに組む事が可能な場合があります。

それは契約者が50歳以上の場合です。

離れて暮らす50歳以上の家族の場合はスマートバリューを組む事が出来ますので、この場合は住所が離れていても家族割プラスも適用させる事が出来るというわけです。

ただ、これはあくまで家にauひかりやケーブルテレビ、固定代替がありスマートバリュー組んでいる場合のみなので、家族割プラス単体だと50歳以上でも住所が違うと対象外になりますのでご注意を。

au-mobilewifi
wifiルーターを検討中の方に。auの固定代替を解説します自宅の宅内環境によって、ひかり回線が引けない方。 もしくは引っ越しを控えていて、ひかりを引くまでもない方。 電車通勤中に外で...

といった感じで、住所の条件を満たしていれば家族割プラスに組めますので、いざ申し込みに行くぞ!と思った方。

ちょっと待ってください!

実はもう一つ超注意点があり、これこそが本題と言っても過言ではないです。

それは料金プランによって家族割プラスのカウント対象外になってしまう事。

古いピタットプランは家族割プラスの対象外!

一緒に住んでいる家族3人はみんなauだし、これで家族割プラスに申し込めば最大割引が受けられるぞ♪

普通はそう考えますよね。

実は落とし穴があり、料金プランによって家族割プラスの割引が受けられないだけだはなく、そもそもカウント対象にすらしてくれないんです。

カウント対象外のプランがこちら。

  1. 3Gプラン
  2. デジラプランとLTEフラット
  3. 旧ピタットプラン



3Gのプランはサービスも終了になるので分かります。

3Gケータイ
auの3G携帯から4Gへ変更すると、3Gには戻せないので注意2022年の3月に、auの3G回線を利用した携帯電話は停波して使えなくなります。 3Gの携帯利用者の方には、auから手紙が届いてい...

デシラプランというのは、【カケホーダイ+データ定額5G】などの名称の、ピタットプランやフラットプランが始まる前のいわゆる旧料金プランの事。
まあ、これも元々1世代前扱いのプランだったので分からなくもない。

特筆すべきは旧ピタットプランもカウント対象外になる所です。

古いピタットプランとは2019年6月以前のピタットプランです

旧ピタットプランと書かれてもなんの事だかという人もいると思います。

具体的には、2019年5月までに契約した人が、6月以降プラン変更をしていなければ、古いピタットプランになっている事になります。

また、6月以降にプラン変更や機種変更、新たにauを契約した人であっても、現状では旧ピタットプランを選択する事も可能ですので、古いピタットプランになっている可能性もあるんですよね。
(そもそもプランが多すぎる…)

なので新料金プランに変更をして家族割プラスでの最大割引を考えている人は、家族の人の料金プランも確認する事を推奨します。

スマホのプランは全部カウント対象にして欲しい

という事で家族割プラスについて書いてみました。

筆者の感想になるのですが…条件も分かり辛い印象ですし、更に料金プランなどの落とし穴まで用意されているなど、ユーザービリティに沿っていないよな~と言うのが正直な所です。

とは言え、しっかりと条件をクリアしていけばお得になるのは間違いありません。

新料金プランを選択している人は2019年9月末までは、家族割プラススタートキャンペーンにより自動で割引が適用されています。

しかし10月以降は条件が漏れていると最大割引が受けられず、それに気付かないまま数年も高い料金を支払い続けてしまう事にもなりかねません。

そんな事にならない用にも、家族割プラスが本運用になる2019年10月までに家族の方のプランも含めて家族割プラスが適用できるかどうかの前準備をしておいてくださいね。

auデータMAXプラン Netflixパック
auのデータMAXプラン netflixパックとデータMAXPro、フラット20との違いについて新型iPhoneの発売も間近に迫っている中、新料金プランが次々に出てきて何を選択すればよいのか、混乱している人も多いのではないでしょうか...