auニュース

【2018年】auのiPhone7などの下取り金額が値下げに!

下取りについての書類

去年のiPhone8発売の時にはiPhone6sなどの下取り金額が下がりました。

そして今年もiPhoneXsの発売に合わせて、下取り金額の値下げが実施されます。

現行モデルのiPhone8と新型のiPhoneXsなどで迷っている方は、下取り金額が値下げされる前に決断しなくてはいけないかもしれません。

変更される端末と金額一覧

どの端末がどれくらい値下がりするのか、それでは早速見ていきましょう。

  • iPhone7Plus 40,500円→23,760円(16,740円値下げ)
  • iPhone7 31,320円→23,760円(7,560円値下げ)
  • iPhone6sPlus 19,440円→14,040円(5,400円値下げ)
  • iPhone6Plus 12,960円→11,880円(1,080円値下げ)
  • iPhoneSE 10,800→7,560円(3,240円値下げ)
  • iPhone5s 4,320円→2,700円(1,620円値下げ)
  • iPhone5c 4,320円→2,700円(1,620円値下げ) 

歴代iPhoneが軒並み下がっています。

一番打撃を受けるのはiPhone7Plus利用中の人

iPhone6sPlusであれば、1,000円位の値下げなのでダメージは少ないですが、
特にiPhone7Plusの値下げ幅がえぐい事になってます。
約16,000円も下がってしまうのは痛すぎますよね。

逆になぜだか『iPhone6s』だけは値下げ対象に入ってません。謎です。

7や7Plusを利用中の方は、ちょうど2年を迎える人が多いからこの値下げなのでしょうが、なかなかやる事がえぐいですよねauさん…。

画面割れの人は下取り前に修理を!

iPhoneは画面が割れても操作ができる作りなので、割れたまま利用している人も多いですよね。

だけど待ってください!

画面割れ品は下取り金額が大幅に減額されてしまうんです!

画面割れiPhone

iPhone7の画面割れ値下げ金額

どれくらいの値下げをされてしまうのか、値下げ幅の大きい3機種を紹介します。

  • iPhone7Plus 23,760円→7,560円(16,200円値下げ)
  • iPhone7 23,760円→7,560円(16,200円値下げ)
  • iPhone6sPlus 14,040円→4,320円(9,720円値下げ)

このようにかなり減額をされてしまいます。

下取り前に修理に出しましょう

もし画面が割れている場合は機種変更前に修理で治してから下取りに出しましょう!

アップルケアに加入していれば、約3,000円少々で修理可能になります。

さらにスマートパスに加入していれば、10,000円までの修理代金をauが後日返金してくれます。

という事はですよ、アップルケアとスマートパスの両方に加入していれば実質無料で修理が可能に!

修理に出す手間はかかりますが、10,000円以上金額が変わるので、その手間をかける意味は高いのではないでしょうか?

  • スマートパスプレミアムの場合は、振込ではなくポイントで修理代金の還元となります。
  • アップルに修理代金を支払った後、別途auに申請書を送らなければいけないので注意。(申請書はコールセンターやauショップに問い合わせを)

郵送下取りのススメ

下取りをした端末の回収タイミングですが、3パターンあり

  1. 即日下取り
  2. 後日店頭下取り
  3. 郵送下取り

上記のどれかを機種変更時に選択する事が可能。

ちなみに下取り金額と書いてはいますが、実際にはポイントで還元されます。
そのポイントの付くタイミングと使い方が、上記の3パターンによって若干変わってきます。

以下はそれぞれのポイントについてと注意点です。

即日下取り

一番シンプルな機種変更をしたその場で端末を回収する方法。

  • その場でポイント還元されるので、機種変更する新しい端末代金に充当する事が可能。
  • 機種変更したその場で回収されるので、バックアップが失敗していると最悪の場合データが戻ってこない可能性がある。

後日店頭下取り

機種変更した日は一旦持ち帰り、別の日に再度お店へ持っていく方法。

  • 後日に店頭で下取りをした時にポイントが付与される。
  • 端末を持ち帰れるので、データ移行が安心。
  • 購入店舗に再来店する手間があり、混んでいると待たされる。
  • 機種変更した翌月末までが下取り期限となる。
  • 端末代金に充当はできない(次回機種変更には勿論可能)
  • フィルムやケースの購入に充てるか、WALLETカードに移行して日常の買い物で利用するのが主な方法か。
  • 3,000P以上あれば、毎月の支払い料金に充当する事も可能。

郵送下取り

機種変更した数日後に郵送キットが届くので、キットに回収端末を入れて送り返す方法。
負担が少なく、一押しの方法です。

郵送
  • 郵送キットがauに到着して検品が終わった時点でポイントが付与される。
  • 端末を持ち帰れるので、データ移行が安心。
  • 郵送キットはポストに投函で良いので楽チン
  • 郵送キットは本人限定郵便なので、配達員に身分証明書を提示する必要があり、家族等でも受け取れない
  • 機種変更した翌月末までに必着。
  • 端末代金に充当はできない(次回機種変更には勿論可能)
  • フィルムやケースの購入に充てるか、WALLETカードに移行して日常の買い物で利用するのが主な方法か。
  • 3,000P以上あれば、毎月の支払い料金に充当する事も可能。

それぞれのパターンで一長一短ありますが、一番怖いのはデータ移行に失敗する事

それと、混んでいるauショップだと数時間待ちなんて事もざらにあり、下取りだけの為に貴重な時間を浪費するのは勿体ないですよね。

なので、郵送下取りを活用しましょう!

別ルートでの下取りも一考の余地あり

ここまではauで下取りをする際について書いてきましたが、au以外でも端末の下取りをしているのはご存知でしょうか?

上記に書いた通り、auでの下取りはポイントでの還元となっております。

そして大切な事がもう1点。

auの下取りでは端末の容量が考慮されていない

簡単に言いますと、iPhone7の32GBも256GBも下取り金額が一緒なんです。

せっかく高いお金を出して大きな容量を買ったのに、低い容量と同じ下取り額なのか…

こんな声をちらほら聞く事があります。
気持ちは分かりますよね。

更に新型iPhoneの発売と同時に大きく値下げも入ってしまうので、余計に損した気分になってしまいます。

少しでもお得に機種変更をする為に、au以外の買取サービスを利用してみてはいかがでしょうか?

iPhone買取のアイフォンゴーゴー!のメリット

私がお勧めしたいのが、iPhoneや他スマートフォンなどのの買取を行っている『iPhone55』さんです。

iPhone55
  • ポイントではなく現金での買取
  • 送料不要での郵送買取で楽ちん
  • WEBから簡単に査定金額が分かる
  • 発送した後の見積りで減額が有りキャンセルした場合でも、一部状態を除き返送料が無料

auの郵送下取りと比べても遜色なく安心して利用できますね。

更にauと比較してここが一押しです!

auでの下取りの場合、直近の利用端末のみが下取り対象となります。

アイフォンゴーゴーであれば、過去に利用していたiPhoneやandroid、タブレットなどもまとめて買取可能!

実は下取りできる事自体を案内してくれないスタッフも結構いるんですよね。
使う機会がないけど捨てるのは勿体ない…。そうして眠っている端末を持て余している人もたくさんいらっしゃるんじゃないでしょうか?

その眠っている端末をこの機会にまとめて買取に出してしまえば二重三重でお得になりますよね!

今ならTポイントが追加で貰えるキャンペーンもやっているので、ぜひ利用してみてください!

下取りの準備をして備えよう

新しいiPhoneが出る度に高額になっていきますね。

今回は一番高いモデルで18万円越えです…。

この高い端末代金をいかにお得に購入するかの一つの鍵が下取りとなります。

どんな下取りの形になろうとも、まずはバックアップをしっかり取って、画面破損や値下げになる前に一番満足のいく方法で機種変更に臨みましょう!