auオプションサービス

iPhoneのバックアップにデータお預かりを利用しよう!

バックアップ

とうとう2018年の新型iPhoneが発表されましたね!

auでも今日から予約開始になるので、購買欲がグングン上がって来ているんではないでしょうか?

これから新型iPhoneに機種変更をする方の為に、今回はauのデータお預かりサービスを紹介します。

特にandroid利用中の方やPCを持ってない人のお役に立てるかなと思いますので是非ご覧ください。

データお預かりのサービス内容

  • 無料で利用可能
  • auのサーバーにデータを預けて別端末へデータ移行可能
  • 預けられる内容は主にアドレス帳や画像・動画等
  • 1GBまでのデータを保存できる(無料利用の場合は)

大体こんな感じです。

機種によってはメール等も移行できたりもします。

無料で1GBまでは利用できるので、アドレス帳だけであれば問題なく移行できますが、画像や動画の移行となると、1GBだと足りませんよね?

50GBまで拡張する方法があります。

スマートパス加入で50GBまで利用可能に

機種変更だったり乗り換えの条件でいつの間にか入っているけど、全く使ってないって人がたくさんいるスマートパス(プレミアム)。

このスマパスに入っていれば、預けられる容量が50GBまで増えるんです!

もしなんとなく入っている人がいればこの機会に利用してみてください。

初回加入時30日間無料

スマートパス入ってないと1GBかよ~って思ったアナタ!

諦めないでください。

初回の加入に限り、30日の無料お試し期間がついてくるんです!

icloudやiTunesは良く分からないという人であれば、とりあえずコールセンターの157に電話して、自分がスマパス加入しているか?してなければ30日無料になるか?なるんだったらそのままデータお預かりの操作も聞いてバックアップしてしまいましょう。

androidとiPhone間の機種変更に大活躍

クラウド

iPhone同士の機種変更であればicloudやiTunes、android同士であればSDカードなどがバックアップやデータ移行に利用できますが、その二つを跨ぐ機種変更時はicloudやSDカードがお互い対応していないんので大変ですよね?

そんな時こそ、データお預かりを使ってください。

auのクラウドを利用しているので、電話帳や画像・動画などもバッチリ移行できちゃいますよ!

データお預かりの利用方法

まずはアプリのダウンロードが必要です。

iPhoneであれば『AppStore』から。

androidであれば大体はプリインストールされてますが、少し古めの機種でインストールされてなければ『auMarket』からダウンロードしてください。

ダウンロードしたらauIDでログインをして、後は預けるボタンを押して進めるだけです。

画像や動画が多いとデータ量をかなり使ってしまうので、Wi-Fiに接続してからやってくださいね。

補足:auIDとは?

しれっとauIDにログインしてくださいねって書いたのですが、auIDって何!?って方もいるかもしれませんので簡単に概要だけ。

  • auIDは基本的には電話番号(任意で変更してたりしてなければ)
  • パスワードは初回ログイン時に必ず設定をしている
  • パスワードは8桁以上でローマ字と数字の混合になっている(数字だけローマ字だけでは設定できない)

かいつまんで説明するとこんな感じです。

もしパスワートが分からない場合は、auIDでログインする画面の下辺りに『パスワードを忘れた方』という場所があるはずなので、そこで再設定可能です。

ただじ再設定には契約時の4桁の暗証番号が必要なので、それすらも忘れてしまった方は免許証などを持ってauショップに行きましょう。

データお預かりを利用してiPhoneデビュー

iPhoneをずっと愛用している人であれば、今更icloudやiTunesでのデータ移行など慣れたものだと思います。

ただ、iPhoneに興味はあるけどandroidからデータ移行ができるか不安で踏み出せないって方が結構いらっしゃるんですよね。

そんな方こそ手軽に使えるデータお預かりサービスを利用して、新型iPhoneでiPhoneデビューしちゃいましょう!

勿論、逆にiPhoneからandroidデビューでも有用なアプリなので活用してくださいね!