副業・ギグワーク

失業保険だけでは生活が苦しいので不正受給を避けてウーバーで補填したい

失業保険 ウーバーイーツで補填

自己都合退職なので自分は90日間、約3カ月の失業保険が頂けます。

しかし、正直失業保険だけでは毎月の固定費を差っ引くと生活がとても苦しい。

更にこれからどうするか決まっていないので3カ月なんてあっという間に終わってしまう。

なのでウーバー配達員をして収入の補填ができるかどうか聞いてきました。

条件① 1日4時間以上の勤務時間

ハローワークで確認した所、一応は可能との事

ただし働ける時間が決まっていて、一週間の内に一定の時間内であれば可能になります。
その時間とは、1日4時間以上の仕事をする。

なぜ4時間以上なのか?

 

まず4時間未満の場合。

だとその日働いた分の給与額を失業保険額から引かれてしまいます(なんか計算があるみたいですがそこまではちょっと分からん)。

 

では4時間以上の場合。

その日分の失業保険は給付されません。なので自分で働いた分の給与のみがその日の収入になる。

ただし、その1日分の失業保管の権利が消えるわけではありません。後日にずれて給付されます。

失業保険が90日貰える人だと、91日目92日目…といった感じにずれる感じですね。

注意点としては失業してから1年間経過してしまうとそもそも失業保険が貰えなくなるので気を付けなきゃいけません。

条件② 週で20時間未満の勤務時間に抑える

もう一つ気を付ける点が、週20時間未満に抑える事。

週の合計勤務時間が20時間を超えると就職したとみなされてしまい、そもそもの失業保険が貰えなくなってしまいます。

そう考えると、1日6時間計算で週3日勤務。合計18時間くらい働くのが良さそうです。

1日6時間位で失業保険の受給額より稼げるのかが問題

週で20時間未満に抑えるのは良いんですが、ここで大きな問題が。

失業保険で貰える金額より稼げるのか?

人によって受給額が違いますが、時給1000円位の仕事を6時間働いたとして6000円…。

上に書いた通りで働いた日は失業保険が二重で貰えるわけではないので、失業保険以上の金額が稼げないと生活補填の視点だと本末転倒な感じがします。

生活費を補填する為のクリア条件としては、時給が高い所を見つける。
もしくは1日で長時間働いて、週2日位の勤務にするとか。

ただその条件で一からアルバイトを探すのもなかなか難しく、面接を受けたりして結局働けるまでにかなり時間もかかるんですよね。

だから私はウーバーイーツで凌ごうという生存戦略なのです。

(条件に関しては念のためご自身でハローワークで確認ご相談くださいませ。)

ウーバーでピーク時間帯だけを狙う

好きな時に働けて好きな時に辞めらる。

今の自分にはピッタリの条件なのですが、問題は時間制限がある事。

だらだらとオンラインしていると、週20時間なんてあっという間に超えてしまいます。

この条件で自分が取れる生存戦略は、昼と夜のピーク時間のみ稼働する。
その日の鳴り具合にもよりますが、なるべく暇な時間帯を作らない事を意識して稼働してみようかと。

そんな感じで週3日、一日6時間くらい目安でウーバー稼働すれば何とか生活費を向上させる事が出来そうではあります。

延命療法のような副産物

失業保険給付中は思いっきりリフレッシュするのも勿論よいのですが、私みたいに少しだけ働いた場合にもう一つ副産物があります。

それは給付期間が延びる事。

上にも書いた通りで働いた日の失業保険は後日にずれるので一応貰える期間が延びるんですよね。(総支給額は変わらない)

私のように次に何をしたいのか決まってなかったり、なかなか職が決まらない場合などであれば考える時間の猶予ができるのはありがたいです。
失業保険期間が終わってしまい、週5以上で生活費を稼ぎながら職探しとなるとかなり大変ですので。

とは言っても悠長に構えているわけにはいかないので、働いてない日は全力で今後の事を考えつつ動いていこうと思います。