転職や職業訓練など

給付制限期間と認定日をミスって失業保険の日額が減額された。

給付制限と認定日

ああ、やってしまった。

いや、正確にはやらかしてしまっていた事にやっと気が付いた、です。

やらかした内容とは、待期期間が終了していたのに4時間未満働いてしまっていた事。
そしてその結果、失業保険で受け取れる金額が減額

雇用保険受給資格者証をしっかり見ておけば防げた問題だったので自分のミスです。

給付制限中に1日4時間未満、週20時間まではバイト等が可能

なんでこんな事になってかと言いますと…。

自分は自己都合退職なので失業保険を貰えるまで3カ月間の給付制限がありました。

その給付制限期間中は無収入になってしまいますが、定めれられた時間内だと働く事が認められています。

それが1日4時間未満、週20時間までです。

無収入だと生活が厳しいのでその時間内を厳守して働いていたのですが…自分が大きな勘違いをしていた事により問題が起こります。

認定日までが給付制限期間だと思い込んでいた

ハローワークから3カ月経過したらこの日の〇時に来てくださいねと案内をされます。

その指定された日付けが認定日なんですが、わたくし…。

給付制限終了日と認定日が同じだと思い込んでいたんです。

で、実際どうだったか。

認定日の1週間前位に給付制限期間が終了して失業保険の支払い日数のカウントは始まっておりました。

それを知らずに給付制限が終わってからも数日働いていたので、その稼いだ金額分が調整されて減額になってしまったという訳でございます。

雇用保険受給資格者証をしっかり確認する事!

認定日までは働いても良かったんじゃないの!?

そう思ってました。

しかし雇用保険受給資格者証を確認すると、『給付制限〇〇-〇〇』みたいな感じで記載されてます。

動かぬ証拠です。

次回認定日の所しか読んでなかった自分がアホすぎでした。すいません。

失業保険給付開始後は逆に1日4時間を超えた方がマシ

という感じで失業保険の貰える時期になっていたのに4時間未満の就労をして損をしたって話でした。

以前にも書いたんですが、待期期間が終わり付開始の期間になれば1日4時間超えていた方がまだ傷は浅いです。
総支給額から減額などはされずに、後日にずれて支給されるだけなので。

まあ今更言ったところで、給付制限中だと思い込んでいたので防ぐ術は無かったですねぇ。

私のような大チョンボをしないように、雇用保険受給資格者証の内容はしっかり確認しましょうね。

特に印字部分!
細かくて読むの面倒ですが毎回絶対確認必須です!